悪性のほくろは早めに治療|早期発見が大事

レーザー治療の種類

頬を触る人

ほくろの除去治療にはいろんな施術方法があります。有名な方法にレーザー治療があり、レーザー治療にも種類があります。その中の一つの炭酸ガス(CO2)レーザーと呼ばれる治療方法は、ほくろのみならずシミやイボの治療にも行なわれている施術方法です。炭酸ガス(CO2)レーザーの特徴は、通常行なわれるほくろの除去治療より周りの組織を傷付けることなく治療をすることができます。皮膚組織にある水分を蒸発させながら、ほくろを切開していくのが特徴です。治療していきながら、止血も行なっていくので、傷の治りも早いです。また、治療時間も小さければ5分ほどで終わることも出来るので、仕事帰りに施術を受けることも可能です。傷は2週間ほどで治るのですが、傷口をキレイに治すためにしっかり専用のテープを貼っておく必要があります。そしてレーザー治療には、Qスイッチルビーレーザーと呼ばれる治療方法もあります。この治療方法は、盛り上がったほくろより、平らになっているほくろの除去に向いています。Qスイッチルビーレーザーは光を利用して除去していきます。細胞の中にあるメラニン色素にのみ反応してくれるため、それ以外の細胞には影響を及ぼすことがありません。この治療方法も、ほくろ以外でもあざやそばかすの除去施術にも行なわれることがあります。また、ほくろの除去治療では場所によっても、治療方法を変えていく必要があります。ほくろは、身体の様々な場所に出来ます。目の近くや唇などの危険を伴う箇所にも出来るので、治療方法は慎重に選んでいく必要があります。唇のほくろの除去治療では、皮膚が薄いこともあり切開する除去方法は向いていません。薄い皮膚となると切開をした後に、傷跡として残ってしまう可能性も高く、レーザーで行なう治療方法が最適です。このように、ほくろが出来る場所によって適した治療方法があるので、担当医師としっかり相談し施術方法を決めていく必要があります。

Back to Top