悪性のほくろは早めに治療|早期発見が大事

ほくろ除去治療の流れについて

鏡を見る女性

初めてほくろを除去したいと思う方にとっては、どのように治療を行なっていくのか不安に思う方も多いと思います。どのような流れでほくろを除去していくのか、ここでみていきましょう。ほくろを除去するには、初めにカウンセリングを行なっていきます。カウンセリングでは、今現在のほくろの状態をみていきます。ほくろにの大きさによって、適切な治療方法があるためどのような治療を行なっていくか、ここで医師と相談していきます。初めて、ほくろ除去を行なう方は、不安に思っていることや治療方法のメリットやデメリットを相談しておくといいでしょう。また、顔のほくろ除去になると他の方からも見える部分となるので、仕事や学校がある方は傷の目立たない方法を提案してもらいましょう。ほくろ除去をする時は痛みに不安を持つ方も多いですが、麻酔を使用することで痛みを軽減することができるので安心して治療を受けることができます。麻酔の注射針もクリニックによって極細の針を使用することで、痛みをあまり感じることがないためクリニックを選ぶ時には麻酔の注射針にも注目して選ぶといいでしょう。麻酔が効いてくれば、他の個所の組織を傷つけないように丁寧に、ほくろの除去を行なっていきます。治療方法やほくろの大きさにもよりますが、施術時間は短く手間を取らないので休みの日の数時間で除去治療を行なうことができます。そして、ほくろを除去した後はテープで傷跡を保護していきます。テーピングの期間は約1週間と長めになりますが、このテーピングをすることで傷跡がキレイに治るためきちんと貼るようにしましょう。そして、施術後は肌の機能が低下しているので施術した個所に塗るためのアフターケア用のクリームも処方されます。傷跡が残らないようにクリームを塗り、色素沈着の予防をすることも大切です。

Back to Top