悪性のほくろは早めに治療|早期発見が大事

アフターケアが大切

鏡を見る女性

ほくろの除去治療手術を受けた後は、アフターケアをしっかり行なうことが大切です。アフターケアをしっかり行なうことで、傷跡がキレイに治りほくろが目立たなくなります。治療施術後に気を付けなければいけないことは、治療した箇所をあまり触らないようにすることです。傷跡に刺激を与えると、治りにくくなるのであまり触らないようにすることが大切です。また、顔のほくろ除去治療を行なった後は、顔を洗った時に洗顔料のすすぎ残しが無いようにしっかり洗うようにします。ほくろ除去治療後は、治療箇所が敏感になっているため、ほくろになるべく刺激を与えないようにしましょう。女性なら化粧をしたい方もいると思いますが、化粧をする際にも、専用のシールで保護するなど気をつける必要があります。化粧が出来ない場合は、マスクで隠すなど、対策するようにしましょう。そして、ほくろ除去後に大切なことの一つに、紫外線対策があります。ほくろを除去した後は、日焼けがしやすいので対策を行なうようにしましょう。紫外線はほくろの原因や色素沈着の原因にもなり、しみになりやすくなっています。そのため治療後のアフターケアは怠らないようにしましょう。ほくろの除去後には、傷口を保護するためにテープを貼ります。このテープにも種類があり、特徴も様々なので、用途に合わせて選んでいきましょう。テープの種類には、防水タイプのポリウレタンフォーム・ドレッシング材を使用しているもの、蒸れないように通気性の良いもの、肌になじむ目立たないタイプのテープなど用途に合わせて選ぶことができます。

Back to Top