悪性のほくろは早めに治療|早期発見が大事

レーザー治療と電気メスについて

カウンセリング

治療法の共通点

ほくろが気になる方は、ほくろ除去の治療を行なうことでコンプレックスを無くすことが出来ます。ほくろの治療方法には様々な方法があるため、自分のほくろの特徴や大きさに合わせて治療方法を選択することが重要となります。ほくろの除去にはレーザー治療・電気メスがあります。レーザー治療とメス治療では、ほくろを熱によって除去していきます。レーザー治療は赤外線をほくろに当てて熱を発生させます。また、電気メスも電気を発生させてその熱でほくろを除去していきます。この二つの治療方法は、体への負担が少ないためほくろ除去を初めてする方には、オススメの方法です。レーザー治療・電気メスは、小さめのほくろに効果的ですが、レーザー治療によっても様々な種類があり大きめのほくろに最適な治療方法を見つけることができます。

それぞれの治療法のメリット

ほくろ除去をする際には、どの方法が良いのか分からないという方はそれぞれの治療方法を比較し、メリット・デメリットの部分をしっかり確認するといいでしょう。レーザー治療を選択するメリットの一つには、傷跡が残る可能性が低いというところがあります。電気メスは、レーザーに比べると傷跡が残る可能性が高くなります。顔の場合だと、他人からでも見えやすい場所のため傷跡が残ると心配な方は、レーザー治療で除去する方法をオススメします。そして、電気メスのメリットはレーザー治療に比べて効果が高く1回の手術で、ほくろ除去の効果を得られやすいというところがあります。また、電気メスは再発がしにくいという点もメリットとなります。治療方法によって、メリット・デメリットありますが医師と相談しながら最適な方法を見つけていきましょう。

Back to Top