悪性のほくろは早めに治療|早期発見が大事

保険適用が出来るほくろ

医師

ほくろの除去の治療の料金は、施術を受ける場所によって保険が適用出来る場所と出来ない場所があります。保険が適用出来た場合、施術料金の負担は1~3割になります。しかし、ほくろの治療で保険が適応可能なほくろは、ほくろの状態によるため全てに適応できるとは限りません。保険の適応となるほくろにはどのような条件があるのでしょうか。保険が適応出来る場合には、メラノーマと呼ばれる悪性のほくろであった場合です。このほくろは放置すると、ガン化するため命に関わることがあるので治療して除去する必要があります。このような場合には、ほくろの治療で保険診療が可能です。次に、悪性のほくろ以外でも保険適応の対象となる場合があります。それは、現段階で悪性と判断することは難しいけれど、悪性になる可能性が高いほくろや・放置しておくと危険と判断された場合です。悪性のほくろの可能性が高い場合はホクロに大きな変化が見られる時です。例えば、どんどん大きくなってきている、ホクロの色が変わってきている、色にむらが出てきた、出血の症状がある、かゆみや痛みを感じることがある、などが判断基準となっています。ほくろにこのような症状がある場合には、自己判断せずに皮膚科やクリニックで診察してもらうようにしましょう。施術の場所によっては、医師の判断によって保険適用外になることもあるのでしっかり確認する必要があります。ほくろの除去施術にかかる費用は、ほくろのある場所や大きさ、施術方法によって変わります。大体の相場は、安くて3千円から1万円となっています。場所によって、1つで1万円というように値段が設定されているところや、ほくろの大きさで料金が決められていることもあるようです。自分に合ったクリニックを選んで治療をしていきましょう。

Back to Top