悪性のほくろは早めに治療|早期発見が大事

増えてくるほくろの原因

ドクター

ほくろが出来る原因について

年を取ってくると同時に増えてくる「ほくろ」。顔を鏡で見るたびに、こんなところにあった?なんて思うことも多くなり、知らず知らずの内に増えてくるほくろに病気ではないかと心配になることもあります。そして、人によって、ほくろが出来やすい人と出来にくい人がいますが、どのような違いがあるのでしょうか。ほくろが出来やすい多くの方は、遺伝による先天性であることが多いようです。親にほくろが多い方は、体質も似てくるため子供にも遺伝し、ほくろが増えることがあります。ほくろが増える原因には、遺伝の先天性以外にも、後天性の理由で考えられることもあります。この原因の多くは、紫外線によるものです。肌は紫外線に当たることで、メラミン色素が多く発生します。このメラミン色素は、ほくろの原因を作ってしまうので紫外線を浴びすぎてしまうと、ほくろが出来やすくなります。紫外線は、体の新陳代謝にも悪影響をきたします。新陳代謝が良くないと、肌のターンオーバーがうまく働きません。そのため、メラミンの色素が増えてしまいほくろになってしまうのです。後天性の場合は、紫外線の原因だけでなく、不規則な生活やストレスによるホルモンのバランスが崩れることで、ほくろが出来る原因になるのです。

ほくろの良性と悪性について

ほくろには、良性のほくろと悪性のほくろがあります。この見分け方は、ほくろの知識が無い私たちにとっては難しい判断となります。そのため、悪性のほくろだと気付かずに放置していると病気の進行が進み、命に係わる危険性が高くなります。そのため、早めに治療を行なう必要があります。この悪性のほくろはメラノーマ(悪性黒色腫)と呼ばれており、見た目がほくろに似ているため、気づきにくい病気の一つです。最近出来たほくろに、不安を持っている方は皮膚科で受診することをオススメします。悪性のほくろには、特徴があります。一つ目は、形がいびつであることです。左右で形が違うほくろは、悪性の可能性が高くなります。そして、二つ目に色にムラがある場合も注意が必要です。最後に、どんどん大きくなっているほくろは皮膚がんの可能性があります。6mm以上の大きさであれば、皮膚科で判断してもらうようにしましょう。早めに適切な治療を行なうことで、進行をおさえることが出来ます。

レーザー治療と電気メスについて

カウンセリング

ほくろの治療方法には、大きく分けてレーザー治療・電気メスがあります。それぞれの治療方法にはメリットやデメリットもあるので、ほくろ除去を行なう時には医師と相談しながら適切な治療方法を見つけていきましょう。

Read More

ほくろ除去治療の流れについて

鏡を見る女性

ほくろ除去を初めて行なう方にとって、どのような流れでほくろ除去の治療を行なうのか不安に思う方も多いと思います。ここでは、ほくろ除去の治療の流れについて紹介していきます。

Read More

レーザー治療の種類

頬を触る人

ほくろの除去方法には、有名な治療方法のレーザーがあります。またそのレーザー治療方法にも種類があり、ほくろの特徴によって治療方法を選ぶことができます。ここでは、レーザー治療のそれぞれの特徴について紹介していきます。

Read More

保険適用が出来るほくろ

医師

ほくろの除去治療にはほくろの状態によって保険適用の対象となる場合があります。どのようなほくろに保険が効くのか分からないという方のために、ここでは保険適用の条件となるほくろについて説明していきます。

Read More

アフターケアが大切

鏡を見る女性

ほくろの除去治療後は傷跡が綺麗に治るようにするために、しっかりアフターケアをすることが大切です。ここでは、アフターケアで注意しておきたいことについて紹介していきます。

Read More

Back to Top